メインイメージ

新着情報

27

05月

令和元年酒造年度「全国新酒鑑評会」において入賞いたしました。

毎年、酒類総合研究所主催で「全国新酒鑑評会」が行われますが、今年も4月22日から24日にかけて行われ、5月22日に令和元年酒造年度の入賞酒が発表されました。
今回の出品点数は850点で、入賞酒は433点となりました。結審が行われる予定でありましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大により中止となり、予審の結果から入賞酒を選定し、「金賞」は選定されませんでした。
岐阜県は8蔵のお酒が入賞し、その中で当蔵の「美濃紅梅 大吟醸酒」が入賞いたしました。
長期もろみを低温熟成させ、淡麗辛口で香りの良いお酒に仕上がりました。
今回、数量限定にて発売させていただきますので、お早めにお買い求め下さい。