平成21年度 全国新酒鑑評会

2010年5月31日 月曜日

平成22年5月11、12日の両日、独立行政法人 酒類総合研究所  にて

全国新酒鑑評会が決審いたしました。

ここに出品するお酒は、

当蔵では21年の11月から22年の3月にかけて仕込み、しぼった新酒です。

今年の仕込みでは、米が割れやすかったようで、

杜氏が大変苦労をしておりました。

 

この鑑評会の他に、名古屋国税局の酒類鑑評会にも出品しております。

名古屋国税局で良い評価をいただいても、全国新酒鑑評会では賞を頂けない事も当然あります。

また逆に、全国新酒鑑評会でのみ金賞を頂く事も。

全国新酒鑑評会においては、入賞、金賞とありますが、

今回は、良い結果は得られませんでした。

 

お酒は、米、水が命です。それに加えて気候も大変関係して参ります。

それを長年の経験と勘で、杜氏が当蔵の味に仕上げて行くのです。

今後も、当蔵の味を守りつつ、皆さんに認めて頂ける、

おいしいお酒を造り出していきたいと思います。

抽選&当選発表!!

2010年5月13日 木曜日

4月17日、18日の酒蔵開放にお越し頂き、

大垣城 純米酒 720ml 1本 プレゼント>

ご応募頂いたお客様、大変お待たせいたしました。

IMG_2490 

      こんなに沢山、ご応募頂きました。

 

         219名の応募の中から、

         10名様を選びます!

 

 

 

ドキドキの抽選です!

200

 

     まずは この辺りから・・・

 

 

 

 

 

199

 

 

    つぎはこの辺りから・・・

 

 

 

 

202

 

 

    当選者 10名様が決まりました!

 

 

 

 

 

 

 

見事、ご当選されたのは、

安八郡神戸町 S様、

大垣市安井町 U様、

大垣市木戸町 M様、

大垣市築捨町 O様、

大垣市荒尾町 K様、

養老郡養老町 T様、

大垣市赤坂町 A様、

揖斐郡池田町 H様、

大垣市東町 S様、

大垣市赤坂町 S様、

以上 10名の皆様です。おめでとうございます

 

204 

準備が整い次第、送らせて頂きます。

お手元に届くまで、楽しみにお待ち下さいませ。

 

今後とも、当蔵のお酒をご愛顧くださいますよう、

よろしくお願いいたします。

大垣まつり

2010年5月10日 月曜日

 

5月8日(土)、9日(日) は、大垣市内において、大垣まつりが開催されました。

11両の山車 (やま:本当は車へんに山と書きます) が市内を巡行しました。

昔から「まつりの日はどちらかが雨降り」とまことしやかに言われておりますが、

今年は珍しく、両日とも晴天に恵まれました。

 

私の住んでおります伝馬町には、松竹山車 がございます。

この山車は、七福神の一人、弁財天を首座に配し、からくりによって舞う中に

胴が割れて白うさぎに変じ、餅つきを始め、餅をまきます。

また山車の前部は 踊り舞台となっておりまして、

町内の幼児~小学校低学年くらいの子供達が日本舞踊を披露します。

「踊り山」として、皆さまには大変親しまれている山車です。

八幡神社の前で踊りを奉納した後は、踊り子たちが 餅まき をします。

それを楽しみの一つ とされているお客様も 多いようです。

 

また今年は、4年に一度の 恵比須山車 がまわってくる年です。

町内の子供達は恵比須のお囃子 (横笛、太鼓) の練習をしてきました。

本番では揃いの浴衣を着て、

市内を曳き回す山車について練り歩き、お囃子を披露しました。

194

小学4年の長男も参加しています。

山車のある町内でないと、横笛や太鼓などという経験はなかなか出来ないかと思います。

一つ良い経験になったのではないでしょうか。